和の心、屋形船

屋形船のルーツは江戸時代

屋形船は江戸時代の人々が作ったものです。大名や町人たちの娯楽で、最初は屋形と呼ばれましたが外観や内装を豪華にすることで大型化しました。
江戸幕府は装飾や船の大きさに制限をし始めましたが、小型の増えは貧弱だとして好まれませんでした。江戸時代は長い間戦争が無かった泰平の世だったため、様々な文化が発展しその一つが屋形船でした。
大名が使うものは川御座船とも呼ばれました。19世紀になると、豪華な装飾を施した大きな船よりも、貧弱な小型の船が流行します。
江戸時代は文化や経済が発展し、水上道路も作られ始めた時代です。よって吉原に行くための交通手段として使われ、町民は自分たちの屋形船を自慢するようになります。
武士と町民は当時身分が異なるとされましたが、娯楽では共通点があり全国の武士が町民に混じって楽しんでいました。
最初は20名ほどしか乗れませんでしたが、次第に人気が高まったため80名・90名となり、現代では100人も収容できます。
現代は船内でカラオケができたり、お酒を楽しく飲んだりする場所になっています。
婚活という言葉が浸透していますが、屋形船は婚活パーティーを盛り上げるための会場として使われることもあります。

屋形船の魅力について

屋形船とは、和船の一種で船上で宴会や食事をして楽しむことのできる、屋根と座敷が備えられた船のことをいいます。
江戸時代に栄えて大名や豪商などが花見や月見、花火を見るためなどに愛用されていましたが、第二次世界大戦後文化の移り変わりとともに水質が悪くなったことで勢いを失っていったのですが、水質の改善や河川での観光などの利用のために屋形船を利用する人は増えてきています。
現在では、エンターテイメント性の強い屋形船が登場しています。通信カラオケやエアコンが搭載されており、快適にクルージングを楽しむことができるようになっており、豪華な食事を楽しんだり、見慣れた風景も船の上から見ることによって昼は青空や春なら桜、幻想的な夕暮れや宝石のような夜景、夏なら花火など景色を楽しむことができます。
使い方もさまざまで、会社のイベントや打ち上げの時や誕生日に結婚式の二次会で貸し切りにして使ったり、乗り合いでカップルや夫婦、家族など親しい人で楽しんだりなどすることができます。
予算も料金が手頃なランチコースからワンランク上の接待向けのコースなど時間帯や料理の内容によって選ぶことができるなども魅力のひとつとなっています。

pickup

大阪 ネイルスクール
http://nails-shine.com/
エステ 富山
http://www.b-salon.jp/
大阪 相続
http://osakayodoyabashi.zaisan-osaka.com/
大阪 外壁塗装
http://nikko-reform.com/
大阪 ボルダリング
http://luvrock.jp/
岐阜 一戸建て
http://www.daiyuu.com/
乳酸菌入りサプリメント
http://soyokazellp.net/
池袋 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000143109/

最終更新日:2016/6/22